therapist

​尾形直子 NaokoOgata

整体セラピスト

ダンサー/コレオグラファー

ハタヨガインストラクター

ThetaHealing®︎プラクティショナー

漢方養生指導士(初級)

 

神奈川県川崎市出身、1982年生。

日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。コンテンポラリーダンサーとして国内外の公演に出演。

身体への興味、探究心から整体師になり10年、国内外で施術。

2013年からは都内の自宅で施術し、より良いサービスを提供すべく2019年、世田谷区豪徳寺にtoksen massage ogata をオープン。

父は趣味で気功をたしなむ元トランポリン選手の体育教師、

母はベートーヴェン好きのピアノ講師、

子供の頃からスポーツと音楽に親しんできました。

 

小学5年生の、ある冬の日、家族で見たミュージカルに衝撃を受け、私はダンサーになることを決意するのです。凍える帰り道、燃える胸を抱えて帰ったのを覚えています。

 

その決意に動かされるまま、日本女子体育大学で舞踊学を専攻し、世界の様々なダンスに触れます。そしてその表現の自由さに惹かれコンテンポラリーダンスの世界にどっぷりと浸ります。

大学卒業後には、教員として中高生にダンスを指導しながら、コンテンポラリーダンスカンパニー“Co.山田うん”に入団。約5年間在籍し、国内外の公演に出演しました。

 

多くのダンサーがそうであるように、身体への興味は深まるばかり、

もっともっと、という探究心から整体師の資格を取得しました。

 

整体師と、ダンサーの2足のわらじを履いていた2010年、ひょんなことからインドへ移住し、日本人で初めて、インドでの整体サロンの運営に携わることとなるのです。

たくさんのお客様と出会う中で、人々にとっての、「癒やし」の重要性をしっかりとこの手を通して実感しました。それは、あのミュージカルを見た日と同じくらい、衝撃のあるできごとだったかもしれません。

 

インドという、日本と全く違う国に滞在し、想像以上の過酷な生活の中で、自分の体調管理にと、ヨガの世界へも足を踏み入れました。

2013年にはYoga AllianceInternational INDIA RYT200という、ヨガインストラクターの資格を取得し、帰国します。

この頃から、氣や、経絡などについての勉強を深め、自分自身や他者のエネルギーバランスを整える術を身につけ始めます。

 

帰国後すぐに、セラピストとして北京やベルギーのダンス公演に参加して、さらなる経験をさせてもらいました。

 

それから世田谷の小さなアパートに自宅兼、施術所を構え整体師として活動を始め、時々、ヨガクラスも教え始めました。

2015年には、ベルギーのコンテンポラリーダンスカンパニー“Rosas”のプロジェクトに専属セラピストとして参加し、2ヶ月間ダンサーとミュージシャンの身体のメンテナンスをするという貴重な経験を積みました。

 

また、ダンサーとしてイベントで音楽家たちとの即興パフォーマンスをしたり、

数年前からは振付家としてダンス作品を制作し、発表しました。音色や音の響きを身体というフィルターを通して「目に見える音楽」を表現することを目指しています。他にも、ミュージックビデオの振り付け、指導をしたり、身体表現のワークショップをしたりなんかもしています。

 

そして2018年、タイのバンコクにてタイ伝統療法のトークセン(木槌療法)のトレーニングを受け、

トークセン マッサージという現在の施術スタイルになりました。

 

 

 

自宅での施術を始めて約5年、より良いサービスを提供する為、周りに押される形でとうとう

2019年3月、世田谷区豪徳寺にtoksen massage ogataをオープンする運びとなりました。

 

これまでも、多くの方と出会い、たくさんの刺激をいただき、成長させてもらいました。

これからも、変わらず、誠実に、微力ながら皆様の力になれたら、と願います。

まだお会いしたことのない方にお会いするのも、とても楽しみにしています。

 

この社会で強く生き抜く皆さまのために精一杯、私の手を施し、心と体のバランスを整えるお手伝いをさせていただきます。

 

(文章協力:麻可)